地形判読のためのページ

トップページ

はじめに
  空中写真の実体視の方法

高地地形
火山地形
低地地形
海岸地形

河畔砂丘

砂床河川の周囲に形成される砂丘をいう。乾燥した砂床があり、飛砂を起こす風が吹くような場所ではどこでも見られる。氾濫原上に風成のデューンとして形成されるものと自然堤防上を飛砂が被覆して形成されるものがある。日本では、木曽川、利根川に分布することが知られている。(地形学辞典より)

河畔砂丘実体視写真河畔砂丘地形図

判読の着眼点

平坦な氾濫原の中に、細長く続く小高い丘がある、細長い形状に沿って家屋などが立地していることから河畔砂丘もしくは、自然堤防と推定される。

判読の留意点

河畔砂丘は、大河川の中流部に多い。また、同一地域内にある自然堤防と似ているが一般に比高が高いことで区別し、人工盛土などとは形状で区別する。

お問い合わせ先


国土地理院ホーム | 主題図(応用地理部) ]