地形判読のためのページ

トップページ

はじめに
  空中写真の実体視の方法

高地地形
火山地形
低地地形
海岸地形

リアス式海岸

起伏の大きい山地が、地盤の沈降または海面の上昇によって、海面下に沈んで生じた海岸。一般に海岸まだ山地のせまった半島と、その間に挟まれたおぼれ谷とが直交し、鋸歯(きょし)状の海岸を形成する。(地学辞典より)

リアス式海岸
リアス式海岸リアス式海岸地形図

判読の着眼点

海岸線の出入が多く、また崎と湾とが交互に鋸歯のように並んでいる。さらに湾の入口が幅広く、奥に行くに従って狭くなっている特徴が見られる。また陸地は谷の多い起伏に富んだ地形を示し、湾内の色調は濃紺色で水深が深いようである。以上の特徴から、リアス式海岸と推定される。

判読の留意点

多数の崎と湾が、広範囲に鋸歯状に並んでいるのが、特徴である。

お問い合わせ先


国土地理院ホーム | 主題図(応用地理部) ]