地形判読のためのページ

トップページ

はじめに
  空中写真の実体視の方法

高地地形
火山地形
低地地形
海岸地形

扇状地

河川によって形成された、谷口を頂点とし平地に向かって扇状に開く半円錐形の砂礫堆積地形。(地形学辞典より)

扇状地扇状地地形図

判読の着眼点

谷の出口に緩やかな斜面があり、その上には、放射状の網状流痕が拡がっている。また地形が全体として谷を中心に扇状の緩斜面を示すことから扇状地と推定される。

判読の留意点

扇型がくずれ、判別しにくいものもある。崖錐とは、傾斜の程度で区別する。一般に、谷の出口を頂点とした、同心円弧状の起伏や、耕作地、集落の配列がある。土地利用が進んでいる扇状地では河川が天井川化している場合が多い。

お問い合わせ先


国土地理院ホーム | 主題図(応用地理部) ]