地形判読のためのページ

トップページ

はじめに
  空中写真の実体視の方法

高地地形
火山地形
低地地形
海岸地形

食刻地形

食刻地形
食刻地形実体視写真食刻地形地形図

判読の着眼点

右上から左下にかけての岩稜は、右下の谷とはかなりの高度差をもっていて左上の谷間にできた濃い山影からも起状の大きさが推測される。尾根線は、単調ではなく凹凸に富んでおり、この尾根線を境として右側は、でこぼこした露岩が見え、凸部は灰色のなめらかな岩のかたまりのようになっていることから食刻による地形と推定される。

判読の留意点

食刻とは、地面下の変化ではなく、表層での差別風化のことである。稜線付近では、凹凸が鋭角でないことにより、鋸歯状山形と区別する。

お問い合わせ先


国土地理院ホーム | 主題図(応用地理部) ]