地理院ホーム  > 防災関連 > 防災情報チェックリスト  > 地震災害  

災害から見た地理空間情報

-地震災害編-

災害の種類 発生する災害状況
(社団法人日本損害保険協会:ハザードマップと一緒に読む本)
(内閣府:みんなで減災)より
どういうときに起きるか どういう場所が危ないか 図に表示されている項目 記載されている主題図 活用方法と地理空間情報の所在



断層変位
及び
地殻変動
 断層が動くことによって地面がずれること。  大きな地震が起きたとき。  主に活断層のある場所。

活断層 活断層とは、最近数10万年間に、おおむね千年から数万年の間隔で繰り返し動いてきた跡が地形に現れ、今後も活動を繰り返すと考えられる断層です。

都市圏活断層図
都市圏活断層図

「青梅」
 直下型地震を起こす可能性のある活断層の位置を把握することができます。
 地震災害の予測や防災対策に利用できます。
 建物等の建築利用適地の参考資料となります。
 □都市圏活断層図(活断層の位置がわかります。)
  都市圏活断層図とは:
  図の閲覧(地理院地図):
地震動
(地盤の揺れやすさ)
 地面が激しく揺れて家具が転倒したり建築物が倒壊します。  地震が起きた時。 低地の地形

 主に低地の軟弱な地盤があるところ。

谷底平野 山地・丘陵あるいは台地・段丘を刻む河川の堆積作用が及ぶ平坦地。

氾濫平野
(氾濫原) 河川の堆積作用により形成された、広く開けた平坦地。


海岸平野 過去の浅海堆積面が海退により陸化した平坦地、及び河川の河口部にあって主としてシルト、粘土などの細粒物質からなる平坦地。

三角州 過去の浅海堆積面が海退により陸化した平坦地、及び河川の河口部にあって主としてシルト、粘土などの細粒物質からなる平坦地。

後背低地 河川の堆積作用が比較的及ばない沼沢性起源の低湿地。

旧河道 過去の河川流路の跡。

盛土地 主として低地及び水部に土を盛って造成された平坦地または傾斜地。などの人工地形

土地条件図
土地条件図

「東京東北部」

沿岸海域土地条件図
沿岸海域土地条件図

「広島」

治水地形分類図
治水地形分類図

「柳川」
 地形から、浅層の地盤状況が推測できることにより、揺れやすさの判定が一定可能です。
 また、ボーリング資料と組み合わせることによって、より確かな判定ができるようになります。

 □土地条件図(地形を成因、構成物質、形成年代などによって分類した図です。)
  土地条件図とは:
  整備区域:
 □沿岸海域土地条件図:(陸上と海底の地形を表した図です。)
  沿岸海域土地条件図とは:(沿岸海域基礎調査)
  整備区域:

 □治水地形分類図(治水対策を進めることを目的に作成した地図です。
 扇状地、自然堤防、旧河道、後背低地などの詳細な地形分類及び河川工作物等がわかります。)
  治水地形分類図とは:
  整備区域:初期整備図(昭和51年度~昭和53年度)
  整備区域:更新図(平成19年度~)
液状化  噴砂や地割れが発生し、建築物や地上構造物の沈下、地下構造物の抜け上がりが起こります。  大きな地震が起きたとき。  かつて川だったところ(旧河道)。
 海や湖沼を埋め立てたところ。

旧河道 過去の河川流路の跡。

盛土地 主として低地及び水部に土を盛って造成された平坦地または傾斜地。などの人工地形

砂丘 砂丘は風によって運ばれた砂からなる小高い丘。の縁

自然堤防 洪水時などに河川の流路沿いまたは周辺に砂やシルトが堆積してできた微高地。

埋立地 低地及び水部に土を盛って造成された平坦地または傾斜地。

土地条件図
土地条件図

「福岡」

沿岸海域土地条件図
沿岸海域土地条件図

「九十九里」

治水地形分類図
治水地形分類図

「龍ヶ崎」
 旧河道や埋立地等液状化しやすい場所の把握ができ、液状化マップ等の作成及び危険度判定等に利用できます。
 また、ボーリング資料と組み合わせることによって、より確かな判定ができるようになります。
 特に、治水地形分類図は、治水対策を目的に作られた図で、流路変遷や旧河道等の把握ができ液状化しやすい場所の資料として利用できます。
 □土地条件図
(地形を成因、構成物質、形成年代などによって分類した図です。)
  土地条件図とは:
  整備区域:

 □沿岸海域土地条件図(陸上と海底の地形を表した図です。)
  沿岸海域土地条件図とは:(沿岸海域基礎調査)
  整備区域:

 □治水地形分類図(治水対策を進めることを目的に作成した地図です。
 扇状地、自然堤防、旧河道、後背低地などの詳細な地形分類及び河川工作物等がわかります。)
  治水地形分類図とは:
  整備区域:初期整備図(昭和51年度~昭和53年度)
  整備区域:更新図(平成19年度~)
津波  地震によって起きる巨大な波のことです。
 通常の波とは、大きさも破壊力も全く違います。
 大きな地震で海底が変位し、海面が盛り上がったとき。  海岸に近いところや海から近い川のそばの標高が低いところ。 標高データ

等高線 等高線とは、平均海面から高さの等しい点を結んだ地図上の線をいいます。

高精度標高データ
デジタル標高地形図

「石巻」

地盤高図
地盤高図

「高知」
 高精度標高データは、詳細な地形が把握できることから、より高精度な津波浸水シミュレーションや鳥瞰図の作成に利用できます。
 また、他の地理情報と組み合わせることにより、分かりやすい防災資料の作成が行える。
 □高精度標高データとは(航空レーザ測量)
東日本大震災後のデジタル標高地形図(PDF)詳細版の閲覧及びダウンロード:岩手県、宮城県、福島県(新地町・相馬市・いわき市)、茨城県、千葉県

 □【試験公開】標高がわかるWeb地図(右ボタンクリックで標高がわかります。)
※本システムで得られる標高値について

 地盤高図は、主要な地盤沈下地域の広域的な地盤高(標高)情報が把握できます。
 1mごとの等高線により詳細な地形がわかるので洪水・高潮・津波災害等の防災計画の基礎資料として使用できます。
 □地盤高図(1mごとの等高線表されています。)
  地盤高図とは:(地盤沈下調査)
  整備区域:
地すべり  大きな範囲で地盤が滑り落ちる現象。
 人的被害は少ないが、危険は長期にわたります。
 地震時や雨が長降り続いたり大雨が短時間で降ったとき。
 融雪期。
 過去に地すべりが起きたところ。

山地・斜面 山地・丘陵または台地の縁などの傾斜地。

地すべり地形 動きの緩急は問わず、山体の一部が土塊として下方に移動してできた地形。滑落崖は地すべり頭部にできた崖、移動体はすべった土塊の到達範囲。

土地条件図
土地条件図

「諏訪」

沿岸海域土地条件図
沿岸海域土地条件図

「平戸」

 □土地条件図(地形を成因、構成物質、形成年代などによって分類した図です。)
  土地条件図とは:
  整備区域:



 □沿岸海域土地条件図(陸上と海底の地形を表した図です。)
  沿岸海域土地条件図とは:(沿岸海域基礎調査)
  整備区域:

斜面崩壊・
がけ崩れ
 地震によって、斜面が急に崩れ落ちる現象。  大きな地震が起きた時。
 地震前後に雨が降ったり、崩落土砂が水部になだれ込んだりしたら土石流になることもあります。
 崩壊の多いところ。
 急傾斜地。

山地・斜面 山地・丘陵または台地の縁などの傾斜地。

台地 一般に周囲より一段高く表面がほぼ平らな地形。の縁

盛土崩壊  地震により盛土したところが不安定になり崩れること。  大きな地震が起きたとき。  大規模開発で丘陵地の谷を埋めたところ。

盛土地 主として低地及び水部に土を盛って造成された平坦地または傾斜地。


基本的な情報 台風・豪雨災害 火山災害 雪害