地理院ホーム  > 防災関連 > 防災情報チェックリスト  > 基本的な情報  

災害から見た地理空間情報

-基本的な情報-

基本的な情報

電子国土基本図  災害状況の把握、対策策定用の基図やハザードマップの基図として利用できます。
最新の地図が利用できます。
 地理院地図で「土地条件図」や1970年~最新の各年代ごとの空中写真を重ねて表示することができます。

 □地理院地図(国土地理院の最新の地図を閲覧することができます。)
 □地理院マップシート Microsoft(R) Excel のファイルです。帳票を電子地図上に簡単に展開して「見える化」することができます。
空中写真
オルソ画像
 災害状況の詳細な把握が可能です。また、災害発生前のものと時系列的に比較することにより、発災・被災要因の解析等に利用できます。

 □地図・空中写真閲覧サービス(国土地理院がこれまでに整備した地図や空中写真、公共測量で整備された地図を検索して閲覧することができます。)

 □「空中写真を見る」(オルソ画像を時代ごとに見られます。)
高精度標高データ  航空レーザ測量による高精度標高データを利用し、より高精度な津波浸水シミュレーションや鳥瞰図の作成ができます。
 □高精度標高データ(航空レーザ測量)
 □基盤地図情報(数値標高モデル)のダウンロード
古地図
旧版地図
 国土地理院で保管している歴史的、文化的ならびに学術研究用の資料として古地図等を収集・保管している古地図等の理史料を見ることができます。
 □古地図コレクション
 □伊能大図彩色図

 人工改変前の土地の状態を知ることにより、液状化の発生や、構造物等の被害予測の資料に利用できます。
 □2万5千分1地形図,5万1地形図,20万分1地勢図図歴
 地図の発行年、リスト番号等の図歴について紹介しています。
 旧版図の閲覧は国土地理院の本院(情報サービス館)及び各地方測量部において、ディスプレイで閲覧することができます。
本院と関東地方測量部では全国の閲覧ができますが、その他の地方測量部では、それぞれの管内分のみの閲覧となります。
 ※旧版地図の謄本交付について
 ※旧版地図の閲覧について
災害調査図等  過去の災害から被災状況等を把握することにより、その地域で発生する災害の予測ができると共に、災害発生時の災害対策等に利用できます。

 □防災関連(国土地理院の災害活動記録が見られます。)
湖沼図  湖沼・湿原とその周辺の基礎資料として利用できます。
 湖底の地形データを津波浸水シミュレーションに利用できます。

 □湖沼図(湖湿原調査)(湖沼図を見ることができます。)

地震災害 台風・豪雨災害 火山災害 雪害