人工改変地形データ抽出のための手順書



人工改変地形データ抽出のための手順書は、概要版と詳細版を作成しました。 概要版は地方公共団体などの発注担当者が利用する構成、詳細版は人工改変地形データ作成業務の実務担当者が利用する構成としました。 国土地理院は、国土交通省総合技術開発プロジェクト「高度な画像処理による減災を目指した国土の監視技術の開発」において設定された「地盤脆弱性の開発」を平成19年度~平成21年度の3カ年で実施しました。本手順書は、その最終成果としてとりまとめられたものです。 平成18年度より、国土交通省の主幹で宅地耐震化推進事業の一環として「大規模盛土造成地の変動予測調査」(以下、大規模盛土調査という。)が開始されました。大規模盛土調査の一次スクリーニング調査に、本手順書を活用されることが期待できます。



人工改変地形データ抽出のための手順書(概要版)

[目次]
  手順書の概要
  調査対象地域の設定等
  盛土造成地の位置と規模の把握
  参考資料・解説

手順書(概要版)のダウンロードはこちら


[PDF版]:人工改変地形データ抽出のための手順書(概要版)
                (ファイル名:d1558.pdf,ファイルサイズ:3.55MB)





人工改変地形データ抽出のための手順書(詳細版)

[目次]
  手順書の概要
  調査対象地域の設定等
  盛土造成地の位置と規模の把握
  参考資料・解説

手順書(詳細版)のダウンロードはこちら


[PDF版]:人工改変地形データ抽出のための手順書(詳細版)
                (ファイル名:d1557.pdf,ファイルサイズ:4.41MB)





お問い合わせ先




国土地理院ホーム | 主題図(地理調査) ]